寮付き求人.com お役立ちコンテンツ 就職・転職・辞職に関しての記事 工場の面接って本当に受かりやすいの?面接に受かるためのポイントも紹介

工場の面接って本当に受かりやすいの?面接に受かるためのポイントも紹介

2022年09月14日公開

工場の面接って本当に受かりやすいの?

工場への就職や転職を考えている人の中には、「工場への就職は簡単」「面接までいけば必ず受かる」などの噂を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

 

たしかに、工場の仕事は定型的な反復作業が多く、未経験の人でも挑戦しやすいことからそのようなイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

しかし、実際のところ、工場の面接はそれほど簡単なのでしょうか。

 

今回はその噂を検証するとともに、工場の面接で気をつけておくべきポイントについてもまとめてみました。

 

これから工場の面接を控えている、または工場への就職を検討しているという方はぜひご一読ください。

 

工場勤務の面接に受かりやすいってほんと?

 

工場勤務の面接に受かりやすいってほんと?

 

工場でのお仕事は専門的なスキルや経験があまり必要とされないことから、面接に受かりやすいと考えられています。

 

たしかに、ここ数年の人手不足の影響で、お仕事を探している方が就職しやすい状況が続いているのは事実です。

 

これは直近のデータからも明らかで、雇用動向を示す指標である有効求人倍率は、製造業全体で増えています。

 

有効求人倍率が増えるということは、求人数が増えるということのため、求職者にとっては選択肢が増える状況といえるでしょう。

 

しかし、当然のことながら、工場でのお仕事に応募すれば、誰でも面接に受かるという訳ではありません。

 

そのため、あらかじめ面接対策をしっかり行い、他の求職者と差別化を図ることが大切です。

 

工場の面接で押さえておくべきポイント5選

 

工場の面接で押さえておくべきポイント5選

 

それでは、工場の面接では具体的にどのような対策を行えばよいのでしょうか。

 

押さえておくべきポイントを5つ紹介します。

 

以下に紹介する基本的なポイントを押さえておくだけでも、面接通過率が高まるでしょう。

 

・私服OKでもスーツが確実

・基本的な常識やマナーに気をつけ、丁寧語を使う

・面接時は明るくハキハキと受け答えする

・志望動機は、企業のことや製品について興味があることを伝える

・逆質問の用意をしておく

 

それぞれ解説します。

 

①私服OKでもスーツが確実

 

面接の際の服装はスーツが無難です。

 

面接時に私服OKと言われる場合もありますが、私服は個人の趣味や志向が強く反映され、私服のスタイルによっては面接官にネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。

 

その点スーツであれば、フォーマルな印象とあいまって、少なくともマイナスの印象を与えることは少ないでしょう。

 

人の印象を決める際に最も重要な要素が視覚情報であるというデータもあります。

 

面接はできるだけスーツか、ジャケットを着るなどし、ビジネスカジュアルな格好で臨みましょう。

 

②基本的な常識やマナーに気をつけ、丁寧語を使う

 

工場での面接に限らず、基本的な常識やマナーができているかどうかは面接でよくチェックされます。

 

工場の仕事では、同僚や先輩とフランクにコミュニケーションをとることも多いですが、面接の場はあくまでフォーマルな場です。

 

多少堅苦しく感じても、敬語や丁寧語を使って会話をするようにしましょう。

 

具体的には、面接の会話は「です」「ます」など丁寧語を使い、面接を受ける前は「よろしくお願いします」、終わったら「ありがとうございました」と伝えましょう。

 

基本的な言葉遣いやマナーができているだけでも、印象が良くなりますよ。

 

③面接時は明るくハキハキと受け答えする

 

工場での仕事、例えばラインでの作業や倉庫内の軽作業などは一人で黙々と作業をするケースが多いと思います。

 

その意味では、人付き合いや会話が苦手でも仕事に支障はないでしょう。

 

しかし、面接時にも同じように消極的な姿勢だと、面接官によっては仕事に対するやる気や熱意がないと思われてしまう可能性があります。

 

そのため面接の際は、できるだけ明るくハキハキと受け答えできるようにしてみましょう。

 

そうすることで、明るく前向きな人だといった、ポジティブな評価につながります。

 

④志望動機は、企業のことや製品について興味があることを伝える

 

面接では志望動機について聞かれることがほとんどのため、事前に回答を準備しておくとよいでしょう。

 

例えば、その企業のホームページや取り扱っている製品を調べて、あらかじめ興味や関心を持てるポイントを箇条書きにしておくこともおすすめです。

 

ほかの企業ではなく、この会社の、こういう仕事だから応募しました、と簡潔に言えると好印象につながります。

 

志望動機を聞かれた際のNGな回答例は、「家が近かったから」や「仕事内容が簡単そうだったから」など他の仕事でもよさそうな内容で回答してしまうことです。

 

本心としてどう思っているかはあまり関係がなく、必ず聞かれるであろう志望動機について、あらかじめ考えて回答を用意しておくという計画性や社会性が面接では見られています。

 

⑤逆質問の用意を必ずしておく

 

一般的に、面接の最後では「なにかご質問はありますか?」と逆質問を促されることが多くあります。

 

面接の時点でとくに質問や疑問などがなくても、この会社、この仕事内容に興味があることをアピールするために前もって逆質問は用意しておきましょう。

 

志望動機を考える際に、企業のホームページや取り扱っている製品、求人内容などについて調べていると思いますので、その中で疑問に思ったことなどを書き留めておくことがおすすめです。

 

疑問点を解消するとともに、面接担当者に対するアピールにもなります。

 

逆質問も志望動機と同じく必ず聞かれるものなので、事前に準備しておきましょう。

 

工場見学はしておくべき?

 

工場見学はしておくべき?

 

メーカーなどへの就職では、実際の勤務地である工場を前もって見学できる場合があります。

 

工場は地方や郊外に設けられていることがほとんどで、本社機能のある都心部とは異なり、生活や就業環境が大きく変わるでしょう。

 

そのため、実際に働く製造現場がどのようになっているか見てもらうために工場見学を実施していることがあります。

 

工場見学は選考過程に組み込まれている場合もあれば、求職者の任意という場合もあり、企業によってさまざまですが、できるだけ参加するようにしましょう。

 

面接でのやる気や熱意のアピールにもなり、何よりこれから実際に働く現場を見学できるため、働くイメージがつきやすくなります。

 

適性検査がある場合は必ず対策しておこう

 

適性検査がある場合は必ず対策しておこう

 

工場によっては適性検査を実施する場合があります。

 

適性検査は、求職者がその業務内容に適性があるかを判断するための検査で、一般的に「能力検査」と「性格診断」に分かれることが多いです。

 

適性検査というとSPIのような本格的なものがイメージしやすいかと思います。

 

たしかに、工場の正社員のポジションではSPIを実施することもありますが、派遣社員や契約社員、アルバイトなどのポジションでは簡易的な適性検査がほとんどです。

 

例えば、スピード反応検査や、トランプ配り、文字の間違い探しや簡単な計算問題など、工場での作業に必要な注意力や集中力をチェックする検査が中心となります。

 

工場の仕事は面接での評価と適性検査の結果をもとに合否が判断されることが一般的です。

 

そのため、適性検査についてもあらかじめ対策をしておきましょう。

 

面接を受かりやすくするためにできること2つ

 

面接を受かりやすくするためにできること2つ

 

これまでご紹介してきたポイントをしっかり抑えておけば、工場の面接でも落ち着いて対応できるでしょう。

 

しかし、それでも面接に不安を覚えるという方は、次の2点を押さえれば面接通過率はさらに高まるはずです。

 

・資格を取得する

・派遣社員を狙う

 

それぞれ解説します。

 

①資格を取得する

 

工場への就職や転職に有利となる資格は数多くあります。

 

例えば、フォークリフト運転技能者や、クレーン運転士、電気工事士や安全管理者など職種に応じたさまざまな資格があり、特定の知識や技能を持っていることを証明する資格として面接で有利に働くでしょう。

 

また、工場での仕事では、ときに危険を伴う作業が発生することから、特定の資格を持っていないと対応できない作業もあります。

 

いいかえれば、特定の資格を持っていると担当できる業務の範囲が広がり、キャリアアップにつながるということです。

 

そのため、単に面接対策としてだけでなく、中長期的なキャリア形成という観点からも、資格取得は有利に働きます。

 

現在資格を持っていない人でも、「〇〇の資格取得に興味がある」「〇〇の資格取得に向けて勉強中」など面接で話ができると好印象につながるでしょう。

 

②派遣社員を狙う

 

冒頭で述べた通り、製造業全体の有効求人倍率は比較的高い水準で推移していますが、派遣社員やアルバイトの求人とは異なり、正社員のポジションは競争率が高いのが実情です。

 

正社員の求人に何社も応募しているが、面接を通過できず、一向に仕事が決まらないという方もいるでしょう。

 

工場での正社員を目指している場合は、いきなり正社員を目指さずに、派遣社員からスタートするという方法も選択肢としておすすめです。

 

派遣社員として少しずつ仕事を覚えていきながら、正社員登用制度などを利用して正社員を目指す流れとなります。

 

実務を経験しながら、今後のキャリアや必要な資格について考えることもできるため、ミスマッチの少ない選択ができるでしょう。

 

遠回りに思えるかもしれませんが、派遣社員として入ってから正社員を目指すのも賢い選択です。

 

工場の仕事を探すなら寮付き求人.comを利用しよう!

 

ここまで、工場の面接が受かりやすいのかどうか、面接時はどのような点に注意して対策をすればよいかについて紹介しました。

 

最近の人手不足の状況もあり、工場への就職は雇用形態によっては多くの選択肢から選べます。

 

工場の仕事を専門に取り扱った求人情報サイトは多くあります。

 

しかし、今すぐにでも仕事がほしい、できるなら寮付きの仕事をしたいとお考えの方は、寮付きで即日勤務可能な案件を数多く取り揃えている、当サイト「寮付き求人.com」でぜひお仕事を探してみてください。

 

工場系のお仕事も多くございますので、ご希望に沿った求人情報を見つけられるでしょう!

 

CONTACT / 応募フォーム

01 必要情報入力

- -

「お問い合わせにおける個人情報の取扱いについて」 (1)事業者の氏名または名称 株式会社都工業

(2)個人情報保護管理者 株式会社都工業 営業管理部 部長

(3)個人情報の利用目的 ・当社事業に関してお問い合わせいただいた内容に回答するため
・取引商品についてのご回答の為

(4)個人情報の第三者提供について 取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。
開示等に応ずる窓口は、お問合せいただきました当該部署になります。

(7)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(8)個人情報の安全管理措置について 取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社内において削除致します。

(9)個人情報保護方針 当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(10)ご本人の権利の尊重 当社に対する個人情報のご提供は、お客様の任意のご意思によります。ただし、お客様が個人情報のご提供を拒否された場合、当社は、上記「個人情報の利用目的」に記載の各種サービスのご提供やお問い合わせ等のご対応ができない場合がございます。また、これによりお客様が被った損害(逸失利益を含む)、不利益等について、当社は何らの賠償責任等を負いません。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先 窓口の名称  個人情報苦情相談問合せ窓口
連絡先
住所:〒471-0843 愛知県豊田市清水町2-79-1 田園オフィス
電話:0565-29-7077
FAX:0565-29-3602
Email:shizu_i@t-miyako.com

01 必要情報入力


ボタンは一度だけ押し、画面が切り替わるまでお待ちください。

キープ中のお仕事

0件

お仕事ピックアップ

新着お役立ち

一覧を見る

ニュース一覧へ

お仕事検索

求人の応募などお問い合わせはこちら 0120-29-3607

pageTop