寮付き求人.com お役立ちコンテンツ その他お役立ちコンテンツ記事 検品作業とは?魅力や効率よく作業方法を紹介!

検品作業とは?魅力や効率よく作業方法を紹介!

2019年12月27日公開

検品作業とは?魅力や効率よく作業方法を紹介!

検品作業とは、製造業において完成した製品をチェックし不備や不具合がないかを確認する作業のことです。検品作業が求められる業務とはどのような業務があるのでしょうか。また、そこで働くさいに気をつけるべきこと、どのような人が検品作業に向いているのかなど検品作業にまつわるすべてのことを解明します。検品作業に興味のある人も、まったくどんな作業なのか知らない人も検品作業とは何かを知るきっかけになればと思います。

 

検品作業とは?

 

検品作業とは?

 

検品作業には、大きくわけて2つあります。1つは、製品のチェックです。製造された機械などに不具合がないかチェックしたり、食品や衣類に異物が混入していないかを確かめたりする作業です。もうひとつは、物流現場での検品作業です。

 

物流業での検品作業

物流現場での検品作業とは、製造現場とは異なる作業があります。それは、主に入荷時や出荷時に携わることです。商品が入庫された時、入庫された商品の数と伝票に記載された商品の数が合致しているかをチェックします。出荷する際も、伝票と出荷用に用意された数が合っているかをチェックします。またその際、外装に異常がないかも目で確認します。

 

製造業での検品作業

 

製造業や物流業で活躍する検品作業員ですが、活躍するジャンルは多種多様です。例えば、食品メーカー、機械メーカー、衣料メーカー、医薬品、自動車製造業などがあります。検品作業とは、各分野において出荷する前に不具合がないかを確認する業務を担っています。食品メーカーであれば、インスタント食品が完成して蓋をする前に、麺が掛けているものはないか、異物が混入していないか、附属のものがすべて入っているのかを目で見て確かめるのです。

 

ここで不具合があればその品物は出荷できません。万が一ここで見逃してしまうとそのまま出荷され、そのまま消費者のもとに届いてしまいます。消費者が発見すればそのままそのメーカーへのクレームになります。そうなればそのメーカーの信用が落ちてしまいます。そのような事態を防ぐために、検品作業が存在するのです。

 

検品作業の流れ

 

検品作業の流れ

 

着替え

 

製造業における検品作業スタッフは、出社するとまず制服に着替えます。精密機器や食品を扱う業種は特に髪の毛1本落ちないように帽子着用、マスク、手袋をつけます。手袋は、使い捨てのタイプが多いです。

 

担当分け

 

その日の担当が発表され、持ち場に付きます。配属されるとその日は1日同じ仕事である場合がほとんどです。製品がベルトコンベアーで流れてくるので、検品していきます。検品作業とは細かな作業が多いので集中力が求められます。集中力が欠けるとミスが増えるので、体調がすぐれないなどの場合は、朝の時点で申告します。休憩時間などもチームで行うのでコミュニケーションはとりやすい環境にあります。

 

移動について

 

検品の仕事は、工場内で行う場合が多いので、最寄り駅から一斉にバスで工場を往復する送迎バスを用意している企業も多々あります。

 

検品作業を効率よく行うコツ

 

検品作業を効率よく行うコツ

 

検品作業を効率よく行うには、まず検品作業を行う上でのルールや手順を把握することが重要です。そして、どこをチェックするのかを意識することです。検品項目が曖昧だったり、チェックする箇所が毎回違ったりしては、満遍なくチェックできたとはいえません。チェック漏れが重大なミスやクレームにつながります。最初は時間がかかるかもしれません。しかし焦って、検品していないのに検品したと次の工程にまわすと二度手間三度手間になりかねません。

 

時間がかかっても確実に確認作業を終わらせることの方が大事です。効率のよい検品作業とは、一回の検品で小さな違和感も見落とさないということです。作業自体になれてくればスピードも上がり、同じことをしていても早くできるようになります。同じことを繰り返すことで作業効率も自然と上がるので、まずはスピードよりも正確さ重視で作業することを心がけましょう。

 

検品作業のミスをなくすコツ

 

検品作業のミスをなくすコツ

 

検品ミスがあれば

 

検品ミスが少なければ少ないほど作業効率はあがります。なぜなら二度手間三度手間をしなくてもよいからです。ミスが多ければ、ダブルチェックを行わざるを得ません。しかしミスがなければ1回のチェックで済みます。検品ミスを防ぐにはどのようなことを心がければよいでしょうか。

 

チェックシートの活用

 

検品で確認すべき項目を覚えきれないのであれば紙に書き出しておき、その項目を見ながらチェックをすると検品もれが減ります。全ての項目を上から順にチェックしていけばよいのですから、ここをチェックし忘れたということが減ります。一々シートを確認しながらでは時間がかかるかもしれませんが、検品もれよりも時間がかかってもミスのない検品の方が奨励されます。時間は慣れればかからなくなりますので。

 

自己判断はしない

 

検品作業において一番してはいけないことは、自己判断です。不良品か正常の製品なのかが判断付かない場合は、自分で勝手に判断せずに現場の責任者に判断を仰ぐことが重要です。聞いたらうるさがられるかもと思うかもしれませんが、聞かずにクレームになると後々大変です。この製品の向こうにこの製品を楽しみに待っている人がいるということを念頭にいれて検品作業をしていればミスも減ります。検品作業とは、まだ見ぬ人達を幸せにする作業のことです。

 

検品作業の魅力

 

検品作業の魅力

 

検品作業は、軽作業と言われている通り、重いものを持ったり、炎天下に屋外で作業をしたりする必要がありません。力仕事が苦手な人でも簡単にできる仕事です。資格もいらないので、誰でもすぐに始められるというのも魅力です。その日の作業人数が決まっているわけではないので、急なシフト変更にも比較的対応してもらいやすいという利点があります。サービス業などは急に休まなければならない事態が発生すると代わりの人員を補充しなければなりませんので、急なシフト変更が難しいですが、軽作業の場合は、比較的変更可能なところが働きやすい点です。

 

検品作業とは比較的自分のペースで働けるという魅力がある職種です。作業自体も1人で黙々と行う作業がほとんどなので、人と話すのが苦手な人にはもってこいの職場です。同じことを繰り返し行ううちに作業のスピードが上がり、成長が目に見えて感じられることも魅力です。何より、自分が検品した製品が店頭に並んでいるところを見ると仕事の成果を感じられて達成感があります。

 

検品作業の大変なところ

 

検品作業の大変なところ

 

長時間の立ち仕事

 

検品作業の作業内容は簡単ですが、長時間立ちっぱなしで行うことが多く、慣れるまでは足や腰に負担がかかります。会社によって、制服だけでなく靴も用意されていることもありますが、そうでない場合は、靴は足に負担が少なくなるものを選ぶことによって疲労感が軽減されます。

 

集中力の欠如

 

また検品作業とは同じことの繰り返しですから、だんだん飽きてきて集中力がなくなりがちです。集中力が欠けるとミスにつながりやすくなりますので、集中力を保つ為に適度に休憩時間を設けているところがほとんどです。この休憩時間をかつようしてリラックスしたり、自分の好きなことをしたりして作業中に集中力を保ち続けられるように工夫しましょう。最初は大変ですが、慣れてくるとオンとオフの切り替えが上手にできるようになります。

 

目が疲れる

 

長時間目を使っての検品作業は、目を疲れさせます。目がかすんだり、乾燥したりすると細かい不具合を見逃してしまうかもしれません。目の状態をよく保つことは重要なことです。休憩時間に目を休ませ、目薬を定期的にさすなど目をいたわることで目の疲労は回復します。スマホやパソコンの画面を見る時間を減らすことで目への負担は軽減されます。

 

検品作業に向いている人

 

検品作業に向いている人

 

同じ商品を毎回同じ基準でチェックする検品作業は、細かいところによく気がつく人や間違い探しが得意な人、集中力がある人が向いています。集中力や細かいところに気がつく能力は訓練次第で能力を高めることはできます。検品作業とは、同じことの繰り返しの作業のことなので、長時間同じことを繰り返しても飽きない人は検品作業に向いています。ジグソーパズルが得意な人も向いています。

 

作業自体は1人で行いますが、全体を通して1つの製品を数人で検品するので、手際のよさを求められます。周囲にあわせるスピード感も求められます。1人だけゆっくり作業をしているとそこで止まってしまうので、他の人の仕事にも影響が出てきます。リーダーになる必要はありませんが、みんなで作業しているという自覚と責任感が持てる人が好ましいです。

 

検品作業の給与面に関して

 

検品作業の給与面に関して

 

検品作業での報酬の形態は、時給制か日給制であることがほとんどです。単純作業の為、時給も安いと思う方もいるかもしれませんが、コンビニやファミレスなどの接客業の日中の時間帯での時給よりも高いことが多いので、軽作業、検品作業が賃金が安いということはありません。給与の支給は、当日払い、週払い、月払いの方法があります。これは、所属している会社によって変わります。自分で選べる場合もありますので、急に現金が必要になったなどの場合、日払いは都合のよいシステムです。給与支払いの際に、所得税が引かれています。これは見込みで計算しているので実際の収入の割合よりも多く税金が引かれている場合がありますが、確定申告をすれば正しい金額分との差額が戻ってきます。

 

まとめ

 

検品作業とは、製造業や物流業界において品物を不具合がないかをチェックする仕事のことです。作業内容も難しくなく、資格は必要ないので働こうと思えば誰でもいつでも働けます。給与形態も日払いシステムもあるので、急にお金が必要になった時などすぐ働くことができます。立ち仕事なので慣れるまでは大変ですが、脚や腰に負担のかからない靴を使用することで軽減できます。集中力がある人、間違い探しが得意な人に向いている仕事です。

 

CONTACT / 応募フォーム

01 必要情報入力

- -

「お問い合わせにおける個人情報の取扱いについて」 (1)事業者の氏名または名称 株式会社都工業

(2)個人情報保護管理者 株式会社都工業 営業管理部 部長

(3)個人情報の利用目的 ・当社事業に関してお問い合わせいただいた内容に回答するため
・取引商品についてのご回答の為

(4)個人情報の第三者提供について 取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。
開示等に応ずる窓口は、お問合せいただきました当該部署になります。

(7)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(8)個人情報の安全管理措置について 取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社内において削除致します。

(9)個人情報保護方針 当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(10)ご本人の権利の尊重 当社に対する個人情報のご提供は、お客様の任意のご意思によります。ただし、お客様が個人情報のご提供を拒否された場合、当社は、上記「個人情報の利用目的」に記載の各種サービスのご提供やお問い合わせ等のご対応ができない場合がございます。また、これによりお客様が被った損害(逸失利益を含む)、不利益等について、当社は何らの賠償責任等を負いません。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先 窓口の名称  個人情報苦情相談問合せ窓口
連絡先
住所:〒471-0843 愛知県豊田市清水町2-79-1 田園オフィス
電話:0565-29-7077
FAX:0565-29-3602
Email:shizu_i@t-miyako.com

01 必要情報入力


ボタンは一度だけ押し、画面が切り替わるまでお待ちください。

RECOMMEND / おすすめのお仕事

キープ中のお仕事

0件

お仕事ピックアップ

新着お役立ち

一覧を見る

ニュース一覧へ

お仕事検索

求人の応募などお問い合わせはこちら 0120-29-3607

pageTop