寮付き求人.com お役立ちコンテンツ 派遣に関しての記事 寮付きの仕事にもデメリットはある?

寮付きの仕事にもデメリットはある?

寮に入って仕事をするなら、メリットばかりじゃなくデメリットについても知っておきましょう。そうすることで事前の心構えも準備もでき、トラブルも最小限に抑えられます。「こんなはずじゃなかった」をひとつでも減らす、そんな気持ちで読んでくださいね。「寮はルールが多そう」「プライバシーがないのでは?」など、よくある疑問にもお答えしますよ。

 

 

まずは寮のメリットを紹介

寮に住むメリットは、ほんとうにたくさんあります。たとえば家賃。自分で部屋を借りるよりコストはかなり抑えられます。まず、敷金礼金の初期費用がかかりません。寮費は相場より格安。家具家電付きで不要なものを買う手間もお金も必要ありません。浮いたお金を趣味にあてたり、車購入、結婚資金にまわすこともできますよ。

 

通勤が便利な点もメリット。寮は職場近くにあるので通勤に時間をとられません。疲れた身体を早く休めたい時、すぐに帰れるってうれしいですよね。職場までの無料送迎もあります。遅刻の心配もなし!帰宅も楽チン。

 

仲間ができるのも寮に住んでいるからこそといえます。自分でワンルームアパートを借りた場合、お隣さんがどんな人かなんてわからないですよね。例えばシェアハウス寮なら、住んでいるのは同じ派遣会社の仲間ばかり。仕事を始めたばかりのころはわからないことが多いもの。そんな時寮なら、仕事の相談や悩みも話せて安心ですよ。

 

 

寮のデメリットは?

では、デメリットはというと、寮はいくつもありますが、場所が決まっています。その中から自分の好きな寮を選ぶことはできても、この場所のこの部屋がいいから、ここを寮にしてほしいといった希望は通りません。ほかにも、家具家電は派遣会社のものなので、この最新家電に変えて欲しいといった希望や、勝手に買い換えることもできません。逆に、すごく寮を気に入ったとしても、派遣会社との契約が続かなければ出て行かなくてはいけません。

 

寮にはルールが必ずあります。それは、住む人を窮屈な気持ちにするためではなく、みんなに快適な寮生活をおくってほしいから。門限があったり、部屋に鍵がかけられないなんてことはありません。プライバシーも守られています。でも、だからこそ、最低限の決まりは守って、周りに迷惑をかけないようにする必要はあります。

 

寮生活といっても、学校の寮生活とは違います。みなさん仕事あっての生活なので、騒音で迷惑をかけないなど仕事に支障をきたさない配慮は求められますね。

 

 

寮にも種類がある!

たくさんの求人サイトをみていると、「寮付き」ってたくさんありますよね。でも間取りがわからなかったり、カップルで住めるか不安になったりしませんか?実は、寮には種類があります。大きく分けると「自社寮」と「借り上げ寮」です。

 

自社寮は派遣会社が持っている建物のこと。借り上げ寮は、一般の民間アパートを派遣会社が借りて、部屋を寮として貸し出すこと。どちらも部屋は基本ワンルームで、カップルや夫婦用に間取りが多い場合もあります。

 

寮付き求人.comではシェアハウス寮もあります。シェアハウス寮は、玄関がひとつでキッチン・バス・トイレは共用。部屋は完全個室です。共用部分はプロが掃除してくれるので、自分の部屋の管理だけでよく、住むのが楽だという声もあります。寮費は平均4万円くらいですが、シェアハウス寮や自社寮は、派遣会社の持ち物なので家賃が安く、2ヶ月無料などのサービスもあります。実際シェアハウスや自社寮のワンルームに住んでいる人からは、「お金がたまる」「住みやすい」というメリットをあげる声も多いです。

 

 

まとめ

寮付きの仕事はデメリットもありますが、それを上回るほど大きなメリットがあります。寮での人間関係を心配する人もいますが、みなさん仕事をしたくて寮にいるので、気持ちの良い生活ができるよう心がけていればOK。ぜひ、安心して寮付き求人に応募してくださいね。

 

 

RECOMMEND / おすすめのお仕事

キープ中のお仕事

0件

お仕事ピックアップ

お仕事検索

pageTop